本文へスキップ

政府はPM2.5から守ってくれません。あくまでも自己防衛が必要です

政府はPM2.5から守ってくれません。あくまでも自己防衛が必要です

政府はPM2.5から守ってくれません。あくまでも自己防衛が必要です

 政府は自治体に観測ポイントを増やすよう指示しています。しかし、それは観測し、警報を出したり情報を流すだけで政府の役割を終えようとしています。共産国に文句を言っても無理です。ましてや戦後復興のために行ってきた日本の歴史を見れば判ることです。経済成長を遂げていく課程の中では起きやすい事態です。
 となると、自己防衛しか方法はありません。マスクをしてエアークリーナーを導入し、洗濯物は部屋の中で干すのが一番良い、となるかもしれません。今のうちに対策を行っておけば被害に装具する確率も減ることでしょう。

マスク不足に備えましょう

中国からのPM2.5は靱帯に様々な影響を及ぼす可能性があると伝えられています。喘息やその他の影響。これから花粉や黄砂、それらと共にやってくるPM2.5。
 普通の風邪用のマスク。花粉用のマスクで十分だと考えていませんか?いえ、全く効果がないとは言いません。しかし、以前から体調が悪いとか喘息の気があるなどの場合は、きちんとしたマスクを着用する事をお勧めします。では、何故通常のマスクでは不十分なのか?きちんと理解しておく必要があります。
 これからの季節マスクが手放せない状態になるので、必要と感じる方々は是非、マスクの備蓄をお勧めします。

  必ず 「N95」 「DS2」 のマスクを使いましょう。
  そしてもしもの時に備えて備蓄し、必ず口の周りにフィットする物、
  激安品は出来るだけ避けて、有名なメーカーの物を使いましょう。

中国の大気汚染

 現在、ニュース、新聞など報道機関からの情報は一部の情報です。本来はどんな状況かを考えるとぞっとします。YouTubeを中心に現状をご紹介します。

PM2.5

良く聞く「PM2.5」何故これが恐れられているのか、どうして飛んでくるのか。少ないから大丈夫なのか。色々とご心配だと思います。そのあたりを詳しく解説します。

マスクの種類

市販のマスクに種類?鼻のところにスポンジがあるとか立体型とか?そうではありません。マスクにはその用途に応じて様々な分類があります。また様々な規格に乗っ取って製造されています。しかしその規格に沿って作られていないとしても性能に著しく問題があるわけではありません。用途に応じて使い分けが必要だと言うことです。

マスクの使い方

マスクの使い方?耳に引っかけて、呼吸するだけでしょう?と考えていたらマスクの効果を十分に引き出せずにマスクは無意味だと考えているかも知れません。今一度マスクの正しい使い方を考えて見ましょう。

適切なマスク

PM2.5から身を守るにはどんなマスクが効果的か検証してみましょう。